ベラジョンカジノの調査

オンラインカジノのチェックポイントに基づいて、ベラジョンカジノの違法性や信頼性をチェックしてみます。果たして日本でプレイしても問題ないのか?そしてカジノは公平に運営しているのか?要チェックや!

違法性と信頼性をチェックする

運営している会社はどこの国にある?

Dumarca Gaming Ltd 会社の所在地

日本語サイトの各ページの下(フッター)の部分に住所が記載されています。運営会社は Dumarca Gaming Ltd で、会社の所在地はマルタ共和国になります。

マルタ共和国はリアルカジノもあり、日本とは違い法律で賭博は禁止されていません。

ライセンスはどこの国で発行されている?

マルタ共和国のゲーミングライセンス

ライセンスもマルタ共和国で発行されたライセンスを取得しています。マルタ共和国のゲーミングライセンスは最高ランクの基準を満たしていないと取得できない審査の厳しいライセンスなので公平性に問題はないでしょう。

業界の中でどんなランク?

ベラジョンカジノは、ビジネス界で長年の経験を積んだ、魅力的な経営陣により運営されていると公式サイトに記載されていますが、その歴史は浅く 2010 年の創設となっています。

歴史は浅いのですが、日本でオンラインカジノについて調べていると、どこもかしこもベラジョンカジノ推しで、日本ではプレイヤー数がかなり伸びているようです。運営会社・ライセンス共にマルタ共和国で、信頼性は強いのは間違いないでしょう。

ただ、2014年にビットコインの支払機能を追加したけど3ヵ月で停止したり、2015年には Intertain Group Ltd によってベラジョンが買収されたり(運営は Dumarca Gaming Ltd のまま)不安要素はあると思います。

スマートフォンのアプリで利用できるなど、他にはない機能を次々に取り入れていくスタイルは業界トップクラスにいるからでしょうか?日本語サイトも見やすくサポートも充実しているところが好評のカギなのかもしれません。

日本人限定ではない?

日本人が使いやすいサイトなのは良いことですが、日本人限定のサービスを提供してあると、スマートライブカジノ事件のように警察に目をつけられるかもしれません。

しかしさすがにスマートライブカジノの様にあからさまな日本人向けゲームは見当たりません。業界大手ということもあり、ベラジョン(の日本語サイト)が潰される可能性は低いと言えるでしょう。

第三者の監査機関はどこ?

GAMECAREのロゴ

GAMCARE で監査を行っています。ライセンスがマルタ共和国で、独自に監査も付けているので信頼性は最高ランクで間違いないでしょう。

まとめ

私的な見解は問題なし。大手のオンラインカジノで、日本人プレイヤーも多いのは信頼の証と受け取っても良いのではないでしょうか?他のサイトの比較ランキングにも上位に入っていることが多いので「みんなと同じところがいい!」って方にはおすすめです。

かく言う私も、最初はベラジョンカジノに登録してみる予定です。サポートも充実しているようなので、初心者にも安心のカジノと言う意味では評価は高くできると思います。