ecoCard

エコペイズが無料で発行しているエコカードは「ユーロ、ポンド、米ドル」の通貨口座で最大3枚まで申請できて、以下の用途で使うことができます。

  • ATM でキャッシュカードとして使える
  • マスターカード対応のお店でデビットカード(プリペイドカード)として使える

アカウントランクによって手数料は変化しませんが、取引の最高限度額が違います。

ecoCard 料金&限度額 – エコペイズ日本語公式サイト

申請は1分でできるので、一緒にやってみましょう。

新規(Classic)アカウントは申請できない

ecoCard ペイメントカードについて新規(Classic)アカウントでエコカードの申請ページにアクセスすると、このように表示されます。

エコカードはシルバーアカウント以上で申請できるようになるので、まだの方はまずシルバーランクの申請をしましょう。

エコカードの申請方法

出金と引き出し「ecoCard」の画面シルバーランク以上の方はエコカードの申請ができます。

エコカードの申請ページから「今すぐ申し込み」のボタンをクリックしましょう。

ecoCardペイメントカードの申し込み画面エコカードの申し込み画面です。まず、画像1番の部分でカードを作る口座と通貨を選択します。口座通貨とカード通貨を同一にしておくと手数料を安く抑えられます。

(ユーロ、ポンド、米ドルしか選択できませんが、日本円を引き出すことは可能です)

次に、画像2番のチェックボックス2つにチェックを入れて「続行」のボタンをクリックしましょう。

申し込み完了画面これでエコカードの申請は完了です。

申し込み完了メール

申し込み完了メール申し込みと同時に ecoPayz チームから申請完了のメールが届きます。

「21日以内にエコカードが届くこと」と「届いたらカードを有効化しないと使えないこと」が記載されています。気長に待ちましょう。

エコカードが届いたら

私のエコカードエコカードが届きました。申請日が 10/8(日)で、エアメールが届いたのが10/22(日)なので、私の場合はちょうど2週間で届きました。

では、有効化してみましょう。

エコカードを有効化する

エコカードのページエコペイズにログインしてエコカードのページを開きました。

「アクティブ化大気中」の上にカーソルをのせて「有効化して」の部分をクリックします。

カードの下4桁を入力カード番号の下4桁と、自分の生年月日を入力して「次へ」のボタンをクリックしましょう。

カードの有効化シルバーランクにアップグレードするときに決めた秘密の合言葉を入力します。

私は母の旧姓にしていたのでこれを入力して「カードを有効にする」のボタンをクリックします。

ステータスの確認ステータスが有効になりました。

次は暗証番号を決めます。

暗証番号を設定する

PIN取得のメールエコカードのステータスを有効にすると、エコペイズから PIN(暗証番号)取得のメールが届きます。

メールに記載してある URL をクリックしましょう。

暗証番号取得ページ画面暗証番号取得ページです。

「暗証番号を取得」をクリックすると暗証番号を自動的に決められ、そのページが30秒で閉じてしまいます。メモなどの準備をしてクリックしましょう。

暗証番号の表示メモは済みましたか?これで ATM でも使えるようになりました。

一応「PINが無事取得されました」メールも届いてますので確認してみてください。